前さんのいててなブログ

今まで体験した痛いこと綴ります(>_<)

穴だらけ

予定通り、昨日退院してきました。

 

 

手術跡は防水フィルムで覆われています。

 

 

暫くはシャワーのみで入浴は出来ません。

 

 

フィルムが突っ張って少し歩き難いですね。

 

 

術後、まだ3日ですけど何か変わったかな?

 

 

プレートのあった場所の突っ張り感は、流石に手術跡付近なのでわかりません。

 

 

浮腫・・・脛の辺りはしっかり凹みます。

 

 

 

まぁ、わかんないですね。

 

 

傷口の痛みと腫れがあるから、こいつがおさまらないとはっきりしないです。

 

 

なんだかぐだぐだになってきました。

 

 

そういえば、明日から出勤です。

 

 

日常が戻ってきます。

 

 

↓抜釘後のレントゲンです。

ホント穴だらけです・・・。

f:id:maeyuzumikan:20201019220747j:image

出ません!

昨日手術終了後オペ室で導尿して貰いました。

 

 

オペ室に入る前にトイレも済ませてあったので150ml程でした。

 

 

昨日は絶飲絶食だったので水分は点滴のみ。

f:id:maeyuzumikan:20201017101426j:image

 

 

夕方、看護師さんが尿器を持ってきてくれましたが出る気配はありません。

 

 

ただ、下腹部は張ってくるんですよね。

 

 

膀胱の辺りを押すと張りのせいか痛みが出ます。

 

 

うーん、頸髄症を発症し排尿障害になった時と似てるんだよな〜。

 

 

ちょいググると、半身麻酔の時の副作用であるみたい。

 

 

大袈裟な事は書いてないので時間が経てば戻るかもしれません。

 

 

とりあえず簡易エコーで尿量を確認して貰ったら700ml位あるんだってヽ( ̄д ̄;)ノ

 

 

頸髄症の時救急で導尿してもらった時は900mlでした。

 

 

通常尿意は200ml程で感じるそうです。

 

 

膀胱は通常ヒダがあり尿量が増えていくとどんどん広がり最大2ℓまで溜まる事もあるようです。

 

 

ヒダが広がる程溜まると、一度膨らませた風船の空気を抜いた後のようにびろびろに伸びてしまうらしいんです。

 

 

伸びた膀胱は、貯めずに放置すれば戻るらしく頸髄症の時は即日カテーテルが入れられ約1ヶ月の管付き生活でした。

 

 

話は戻りますが、700mlもあるって事なので、即導尿決定・・・。

 

 

オペ室では麻酔効いてるからよかったけど、夜18時・・・麻酔はほぼ切れてます。

 

 

よく管を抜く時が痛いと言われますが、それは入れる時麻酔が効いてるからです。

 

 

頸椎症の時は、泌尿器科で自己導尿を覚えてさせられました。

 

 

ま、自分で管を突っ込み排尿しましょうって奴です。

 

 

一番の難関、痛い場所が膀胱手前の括約筋。

 

 

ここが締まっているから漏れないようです。

 

 

無理矢理こじ開け膀胱に達するんだから痛い訳ですよね。

 

 

早速看護師さん(男性)に導尿して貰う。

 

 

・・・コツンと止まった。

 

 

これからです。

 

 

『じゃ、いきますよ』

 

 

((((;゚Д゚)))))))

 

 

今回の入院中一番の痛さですわ。

 

 

ここで排尿のメカニズム。

 

 

膀胱に尿が貯留

溜まった事を脊髄を通じ脳に伝達

脳から膀胱は収縮して排尿しなさいって信号を脊髄を通じ膀胱に伝達

 

 

この脳に送られる信号が何処かで途絶えてしまい膀胱が収縮せずひたすら蓄尿し続けるのが排尿障害(尿閉)です。

 

 

管を入れた後、収縮してくれない膀胱を後押しする様に下腹部を押されます。

 

 

結構キツい。

 

 

ただ、そのおかげで排尿出来てるようでだんだん下腹部の張りは収まってきました。

 

 

ε-(´∀`; )

 

 

『もう出ないかな?』

 

 

流石に出ないでしょう、圧巻の950ml!

 

 

看護師さんも今まで導尿していて1か2を争う位の量だそうです(争う気は無いですが・・・)

 

 

とりあえずスッキリしましたが、まだ点滴は続いています、この後尿意はいつ来るやら。

帰還しました。

病室に戻りました。

 

 

9時前に点滴をしてそのまま歩いて手術室へ。

 

 

手術台に横になって見ぐるみはがされました。

 

 

前回HTO時の記憶はここまで。

 

 

今日は、ここからが大変。

 

 

ペタペタ心電図の電極等器具が付きます。

 

 

体位を横向きにして背中の消毒。

 

 

いよいよ麻酔💉。

 

 

腰椎に麻酔薬を入れるみたいです。

 

 

今回は脊髄のくも膜下腔に麻酔薬を入れるらしいのですが、特にくも膜下腔を目視出来る訳でもなく麻酔科医の腕の見せどころです。

 

 

先に局所麻酔。

 

 

これが一番痛いと聞いてましたが難なく終了。

 

 

その後脊髄くも膜下腔に麻酔が入ります。

 

 

麻酔注入後、何となくお尻から太腿にかけて違和感を感じ始めます。

 

 

やっぱり麻酔科医凄いですわ。

 

 

オペ室看護師さんがアルコール綿で肩、脇、下腹部と触り、冷感を確認。

 

 

上半身に麻酔が回っていないか確認してるんでしょうね。

 

 

続いて下腹部、太腿、膝、脹脛と冷感を確認。

 

 

何となくだが膝周辺は冷たい感じが続きます。

 

 

足の指先は長時間正座の後のように痺れてきています。

 

 

何度か下肢の冷感を確認しますが膝周辺は相変わらず微妙に冷たい・・・。

 

 

麻酔の効きが弱いようで麻酔薬おかわりが決まり、腰椎に本日2本目の麻酔薬注入・・・。

 

 

 

数分待って麻酔の効きを確認。

 

 

やっぱり、ちょいと冷たい・・・。

 

 

手術台が傾きます、頭が少し上がった状態に。

 

 

麻酔薬が下肢に下がるように・・・。

 

 

執刀医の先生が『ここ、今から切るところに注射の針刺してるけどわかる?』

 

 

え?刺してんの?わかりません!

 

 

『じゃ、初めましょうか、痛くなってきたら言って下さいね。』

 

 

バイタルのモニターで時間は09:45でした。

 

 

まずは膝下を切開し関節鏡で膝の具合を確認。

 

 

触ったり、足を持ち上げられてる感じはしますが痛みはありません(あってたまるかい!)

 

 

ただ、関節鏡らしき硬そうなものが膝に入っている感覚はあります。

 

 

考えただけで冷や汗もんです💦

 

 

先生から悪い所は無く関節内処置は不要と話がありました。

 

 

覚醒下手術ならでわです。

 

 

続いて抜釘。

 

 

切開している時でしょうか?

 

 

スネ毛引っ張られるような、チクチクした感じが何度かありました。

 

 

先生が『ハンマー』

 

 

 

ああ、やっぱりそういう奴使うのね。

 

 

コンコン!コンコン!

 

キュルキュルキュルキュルキュルキュル・・・

 

カチャン!

 

 

ハンマーで叩いて、ボルト抜いて、膿盆にボルトを置いた・・・音でわかります。

 

 

何度か同じ音を繰り返し聴いたところで、先生から『全部取れましたよ、持って帰ります?』

 

 

『もちろんです!(即答)』

 

 

傷口を縫合、糸を切るパチンという音が響きます。

 

 

最後のパチンと同時に『お疲れ様でした』と先生の声。

 

 

バイタルのモニターでは10:35でした。

 

 

手術室は片付けに入り、入れ替わりでポータブルのレントゲン装置が入ってきました。

 

 

正面、側面の2面撮影。

 

 

その後病棟からお迎えが来て、手術台からベッドに移動。

 

 

まあ、下半身が動かないのでまな板に乗っけられたマグロのようにベッドに移動しました。

 

 

天井を見ながら病棟帰還。

 

 

廊下で妻が待っててくれました。

 

 

今のご時世、病室には入れないので、帰ってきた私を見届けてここで帰って行きました。

 

 

今日は、終日絶食・・・。

 

 

麻酔の影響で頭痛が起こる事があるようです。

 

 

その為、頭痛により退院が遅れる事があるんだとか。

 

 

だから頭を起こすことが出来ません。

 

 

手術よりアフターの方が大変かも・・・。

 

 

f:id:maeyuzumikan:20201016123230j:image

戦利品です。

 

手術3時間前

昨日、入院時に聞いた手術時間は12時頃。

 

 

ただ、手術説明に来たオペ看に手術時間が変わるかもって言われてました。

 

 

しかし、夕食時迄変更の話は特に無し。

 

 

念のため、消灯時に来た看護師さんに聞いてみました。

 

 

結果看護師さんもびっくりの時間変更でした。

 

 

昨日、一緒に病棟入りした方が朝一だって言われてたのを思い出しました。

 

 

肩関節の手術で3時間位とか・・・。

 

 

まあ、予定通りに行けば私はその後の12時って事だった訳です。

 

 

ま、私が先になれば手術内容からしても遅れが無いからでしょうか?

 

 

真相は不明ですが・・・。

 

 

なので、起きたと思ったらもうすぐ手術です。

 

 

ま、先にお風呂行くんですけどね。

 

 

スネ毛も剃ってないし(笑)

 

 

週末は雨☔️でしょうかね?

f:id:maeyuzumikan:20201016063341j:image

入院しました♪

本日昼過ぎに入院しました。

 

 

入院受付では必要書類を渡して、栄養士さんのお話聞いて、後は・・・『大体わかりますよねー』って言われて終わりました。

 

 

 

まあ、去年1ヶ月半いましたからね。

 

 

ほぼ住人ですよ。

 

 

今回は短期ですし、抜釘だけど生保から手術と入院一時金、入院補償が出るので個室を希望。

 

 

空きも有るとの事なので、個室で入院ライフ満喫しちゃいます。

 

 

前回入院時にベッド周りのカスタマイズをしてまして、今回も必要な物を持ち込みましたが個室ではレイアウトが違い考え直しです。

 

 

大部屋の場合、自分のいびきや洗面の音なんかが迷惑にならないかと気を遣うこともありますが今回は大丈夫そうです。

 

 

部屋の空調や照明、テレビの音量も自分次第。

 

 

ちょいとナースステーションに近いので慌ただしいのが欠点でしょうか?

 

 

ベッドには明日の12時手術予定と札がかけられてましたが先程オペ看が来て朝一になるかも知れないって言ってました。

 

 

ま、少なくとも後の方ではない訳だ。

 

 

手術する足にマーキングされました。

f:id:maeyuzumikan:20201015170329j:image

スネ毛剃毛前です、スマイルマークでも書いてくれないかな〜。

 

 

 

担当看護師さんが、お通じの確認に・・・。

 

 

そういえば、今日はまだ。

 

 

昨日はお昼抜いてたし、柄にも無く緊張?

 

 

また後で来ますから、出なければ『浣腸』しますからねー。

 

 

だ、出さねば!

 

 

病棟ウロウロ、ベッドでお腹マッサージをして何とか捻り出して『浣腸』回避です。

 

 

浣腸話の後ですが・・・明日は終日絶食のようです。

 

 

半身麻酔だから、晩ご飯は食べられると思ったんですが・・・。

 

 

明日は、お腹ぐーぐーですからぐーぐー寝てる💤💤事にします。

入院前夜

荷づくり中です。

 

 

HTOの後に訪れたコロナ社会。

 

 

春に外来に行った時、病院の変わりように驚きましたよ。

 

 

マスク、体温測定は当たり前。

 

 

病院の入り口は1ヶ所に限定され、駐車場からは結構歩くようになりました。

 

 

今回の入院は家族の面会も出来ないようです。

 

 

HTOの時、病室にバカンス気分で来ていた子供達ですが今回はおあずけです。

 

 

さて、今の病棟ってどんなでしょう?

 

 

マスク着用なんでしょうねー。

 

 

ただ、持ち物には書かれてませんでした。

 

 

ま、今のご時世には当たり前のアイテムですから書く必要もないかな?

 

 

しっかり使い捨てマスク用意しました。

 

 

ついでに除菌ジェルとシートもね。

 

 

あ、今回ワイヤレスイヤホン買いましたー!

 

 

快適な入院ライフとなりますように!

カウントダウン

抜釘手術が近づいてきました。

 

 

術前、ちょいと振り返ってみます。

 

 

HTOの術後、半年位は腫れていたと思うけど今はそんな様子は有りません。

 

 

腫れが引いてくると、多分コレがプレート入ってるとこだろなーって箇所がわかった気がします。

 

 

浮腫は相変わらず・・・。

 

 

娘に指で押されて、気持ち悪い〜って言われてますよ。

 

 

脛の外側に痺れって言うのか、感覚がおかしい箇所があるんですが、この状態も相変わらずです。

 

 

なんとなくピリピリしてるような、でもつねるとしっかり痛い。

 

 

どっかで神経痛んでるでしょうね。

 

 

正座はできますよ、板敷じゃなければ。

 

 

人工関節だったら出来ないことです。

 

 

人工関節だったら多分オネェ座りでしょうね。

 

 

走る事も出来ますが、バランスがちょいとおかしいかな?

 

 

無意識にかばってるか、筋力低下でしょうね。

 

 

小走り以上、ダッシュ未満ってとこです。

 

 

さて、入院まであと3日。

 

 

そろそろ荷づくりしましょうか。